2004年06月12日

巨人はどうして負けるの?

新聞を見たら昨日は巨人が負けたんですね。
順番は1位ですけど、
20個以上も負けてるのはどうしてですか?!
だって物凄いお金で選手を集めたんでしょ?!
一番強いチームなんでしょ?!
posted by 黒柳陽子 at 10:57| Comment(12) | TrackBack(0) | 陽子に野球を教えてください。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 だから、巨○とか言うな!!!!
 読売と言えーーーー!!
Posted by こたに at 2004年06月12日 11:24
こたにさんに同感。私もどこの書き込みでも虎に対して巨人は使う程度で、日拓ホームに対しては読売って書くように心がけてます。

ジャイアンツを「一番強いチーム」だという歪んだ知ッをどこから仕入れたのかは知りませんが、まずそれが間違っています。世間ではいざという時にあかん事のを「巨人、大豊、卵焼き(←2世食品らしく親に似て足が速い)」と言うぐらいですから。

物凄いお金を使ってるのはコレクターであるジャイアンツの番頭の道楽と税金対策です。切手収集みたいなもんだと思ってください。勝つつもりなら勝つための補強をするはずです。「(ドラフトで)泣く子と(死球を避けない)地蔵には価値ない」といわれる選手を在庫においてたりするのが楽しみのようです。
Posted by サンタパパ at 2004年06月12日 11:53
巨、、、(おっと、こたにさんごめんなさい!)
いえ、讀賣は、あまりにもお金がありすぎるので、
ペタジーニなのどは純金のバットを使っています。
これはオーナーの渡辺スネオさんのご趣味です。
なので、重くてなかなか振れないのです。
だから勝てないのです。
ボールだけはよく飛ぶボールを使うのですが。
Posted by 長月 at 2004年06月12日 12:00
空調の調整をまちがえたんでしょうか(^_^;)?
Posted by kamu at 2004年06月12日 14:39
ナリタブライアンの子供だからといって、大枚はたいたのに、結局未勝利で終わっちゃった。なんてことは、ざらにあるわけで。
つまり、金をかければ強くなるというのは間違いです。また、強い選手の給料が高いというのも間違いなのです。彼らは金運がよかったのです。

そう!鍋ツネオ様を拝むことによって金運の上がった選手が讀賣に集結しているため、おのずと全体の給料の額が上がっているだけです。

さぁ、あなたも鍋ツネオ様を拝みましょう。そして高らかに賞賛しましょう・・・・われらが同士、鍋ツネオ様・・・・あぁ・・・・・(トランスしてるらしい)
Posted by かきぴー at 2004年06月12日 15:18
初めまして。
巨人ファンでございます。

このアンチ巨人の溜まり場のようなところに足を踏み入れるにはかなりの勇気が入りました。(笑)

さて、本題ですが、巨人は強くなるためにお金をかけているのではありません。派手な試合で観客動員数及び日テレのジャイアンツ戦の視聴率を上げるために、お金をかけているのです。

逆に巨人離れをおこしているとも知らずに・・・
Posted by dgallery at 2004年06月12日 20:07
待望の巨人ファンの人まで!!
ようこそ。
ナンダカ嬉しいです。(笑)

つまり、
お金だけがシアワセじゃないってことですね。。
Posted by 黒柳陽子 at 2004年06月12日 20:58
「総制作費○○億円!構想○年!」なんて宣伝をする映画にろくなものがないのと一緒です。
近年では「ファイ○ルファ○○ジー」かなあ?
Posted by つつみ at 2004年06月12日 22:25
なるほど〜
分かります!分かります!
売れてる映画って
いい映画じゃなくて、売りたい映画だったりしますよね!
Posted by 黒柳陽子 at 2004年06月12日 22:31
この映画はいくらぐらいかかったんですか(笑
http://www.24ch.net/kotanifilm/
Posted by 長月 at 2004年06月12日 22:33
 長月さま、実費で1本5000円ぐらいです(哀)。
 広島カープみたいですね・・・
Posted by こたに at 2004年06月12日 22:48
お金だけじゃない、ってことは、やっぱり愛?
巨人愛??
Posted by kamu at 2004年06月12日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/206046

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。